Author Archives: asmile

結婚という形での決着のつけ方を除けば、不倫の最後はかなり意識的な別れとなるのが普通。ごく一般的な恋愛の場合には、いい悪いは別にして、様々な別れ方があります。ところが、不倫の場合には、女性の方から切り出すパターンが多いようです。男の側からすると、なるべくで相手の女性との関係を維持したいけど、相手が別れを言い出して来たら、しょうがないと思ってあきらめる、と考えるのが普通です。彼自身がよっぽどの分からず屋でない限り、この提案を受け入れます。この場合のマナーは、相手の男性へのほめ言葉です。彼との恋愛をしたことに対するお礼の言葉とでも言うのでしょうか。その反対に男性も彼女にお礼の言葉を言います。お礼という表現は少しおかしいかもしれないけど、他に適当な言葉が見当たりません。ポクが言ってるのは、たしかに一つの理想です。きれいごととも言えるでしょう。しかし、せっかくの不倫だからこそ、しめくくりはスマートにしたいと思います。彼は分別のある男性だし、あなただって同じ年齢の女性に比べたらはるかに大人のはずです。その二人がカップルになったのだから、かっこいい終わり方でなければおかしい。最後まで演技を徹底的にするのが、不倫カップルの義務です。いつまでもあなたが未練がましいのは、いけません。あなたの方から別れると相手に宣言したのに、数日後にはあなたは彼に電話をしている。こういうのは、一番よくありません。この反対も同じです。もっといけないのは、彼の自宅に無言電話などをするケスです。これは、絶対にやってはいけないこと。相手に対して失礼です。そんなに未練があるのなら、どうして別れるなんて言い出したのでしょうか?これを女心の微妙なところだなどと言って、納得してはいけません。女心ではなく、単なるわがままです。自分勝手な、子供っぽい考え方です。もちろん男性の場合も同様です。はっきりと別れることをお互いに確認し合ったのに、彼女の連絡先に篭話をしてしまう男性。こういうヒトは、不倫をする資格がありません。すべてに関して感情のままに行動するのは、大人ではありません。それは、子供のやり方です。感情のたれ流し(汚ない言葉ですが)は、マナlに違反します。人間は感情の動物などと言われるけど、それも程度問題です。感情をコントロール出来てこそ一人前の大人です。それからまた、無理に不倫に決着をつける必要もないのです。あなたが結婚するのに大した価値を認めないのなら、ずうっと不倫のまま年を取ることも出来ます。
参考:

結婚がすべてだと思うようなヒトには嘘みたいな話だけど、こうした生き方だって考えられます。それについてポクのような第三者が、あのヒトの人生は寂しいなどと批評するのはくだらないことです。本人がそれをいいと思ってやっているのならば、それでいいのです。ヒトの生き方に、見本というのはありません。誰かの生き方をお手本にするのは全然構わないけど、そのヒトの人生とあなたのそれとは、決して同じにはなりません。似ていることはあっても、同じではない。不倫に対する態度も、一人一人違います。女性の方から別れを切り出すケスが多いと言っても、心の中はヒトそれぞれ微妙に違います。別れる時に相手に対してどんな感情を抱こうとも、マナーを心得ておくのだけは忘れずに。結婚そのものが変わって来てるような感じがします。結婚式や按露宴や新婚旅行そのものは、大して変わってはいません。新婚旅行の行き先が圏内から海外に変わりはしたけど、ポクが宮いたいのはそういうことではありま第6章一結婚マナーせん。結婚する男と女の心の中にわずかずつだけど変化が生じて来たように思えるのです。結婚に対するイメージから具体的な結婚生活そのものまで、変化が起きている。それを踏まえた上で、結婚について考えてみました。結婚が幸福の代名詞だった時代は終わった結婚したい男。結婚したくない女。こうしたカップルが、以前に比べたらふえている。昔は、この反対だったような気がする。結婚したくない男。結婚したい女。そして、結婚したい女性に強引に押し切られて、男が結婚するのを決めたのだった。今は、それが逆になっている。もちろん、例外はある。ものすごく若い時に結婚するカップルだっている。十代同士の結婚もある。そして、このてのカップルは、子供を早く産む。子供が大きくなっても、両親はまだまだ若い。ある意味では理想的な夫婦だ。だけど、夫と妻が充分に満足している内はいい。そうでなくなった時、二人はどうなるのだろうか?自分の生き方に疑問を感じた時。彼、あるいは彼女は、どうするつもりだろう。場合によっては、結婚というケスも。母親が若いことは、特に男の子にとっては自慢の種になる。でも、それは一種のファッションに近い。別に、ヒトはその為に結婚するのではない。こうなると、早過ぎる結婚にも、問題がないとは言えない。に必ずある、新婚カップルが出て来る番組。あそこに出て来るカップルは、ポクの偏見かもしれないが、ほとんどが女性の方が若くして結婚したケスだ。
参考:

二十歳を少し過ぎたくらいでの結婚。これを当り前に受け取るかどうかで、結婚に対する考えは大きく違って来る。ポクは、それが当り前だとは思わない。もちろん惑いなんて言うつもりもないけど。最近は、最終的には結婚するのだけど、それをあせったりはしない女性もふえているような気がする。適齢期という言葉に対する意識の違い。もっとはっきり言えば、はたしてそういうものがあるのかどうか、だ。世間体。一般的な考え方。常識。習慣。そういったものが適齢期を決めるのだろう。ということは、自分で決めるのではなく、周囲が決めるのだ。これは、やっぱりおかしい。うんと早い内に結婚するのは一向に構わないし、それこそ彼女自身が決めたことだ。適齢期以前の結婚。これも一つの方法ではある。たとえ後になって、何か問題が起こるにせよ、彼女が自分で決めたのだから、責任は自分で取らなければならない。では、社会習慣上の適齢期はどうかと言うと、あまり主体性が感じられない。皆がそうだから。なるべくヒトと同じでいたいから。いつまでも一人でいるのは、みっともないから。いろいろな理由があるけど、結局は、ヒトの目を気にしている。自分がどうかよりも、ヒトがどうかを考え過ぎている。結婚は自分で決めるもの。ヒトが決めるのではない。だから、結婚したくない女性が目立つようになった。いい傾向だと思う。結婚したい男ではなく、結婚したくない男がふえれば、もっといいのだが。結婚イコール生活、この冷酷な事実結婚は自分で決めるものだ、と書いたけど、実際にはどうなんだろう?結婚に踏み切る時。たしかに自分で決めるには違いないけど、現実は意外にドラマチックではない。熱烈な恋愛の末にゴlル・インしたガップルがいないわけではない。でも、そうしたカップルは全体から見たら少数派だ。結婚を決意する時の女のヒトの心理は、結構クールだったりする。ポクの知っているカップルの場合。まさしく、結婚したがっている男と、それほどでもない女のカップル。彼は、彼女と会っていると、必ず「結婚しよう」という一言葉を言った。暇さえあれば、彼はその言葉を彼女に向かって発していたのだ。大してその気のない彼女も、何回もそれを聞かされている内に「じゃあ、いいか」と思うようになった。こういうのを、熱烈な大恋愛とは呼ばない。熱烈なのは、彼の方だけ。彼女は一貫してクールだった。ポクの知る限りでは、彼女は男っぽい性格だ。
参考:

それだからこそ、「じゃあ、いいか」となったのだろう。彼がもししつこく言わなかったら、二人は結婚しなかったかもしれない。彼に押し切られた形だ。実はもう一つ、理由がある。彼女は両親などの周囲に、結婚についていろいろと言われていたのだ。これも彼女が結婚を決意するきっか付になった。周りからいろいろと言われるのが面倒くさくなったのだ。面倒くさいから、結婚。なんて夢のない話、とあなたは思うだろう。でも、これが真実。結婚なんて、そんなもの。かんしよう周囲の干渉から逃げる為に結婚するカップルだっている。この時、二人にとっては、一緒に飛ぶきっかけさえ見つかればいい。決意するきっかけ。結婚とはなんなのか、をここで考えてみてもいい。結婚は、本当はそれほど大したことではないのに、式や披露宴や新婚旅行の仕掛けに惑わされて、かなりのイベントのように受け取られている。イベントの仕掛けと、実際に二人が生活を始めるのとは、本来は何の関係もない。いくらお色直しを何度もやろうと、大きなウエディング・ケキに入万しようと、二人の生活は平凡なもの。決してドラマチックではない。こういう風に思うと、結婚生活それ自体は大したものでないとも言えてしまう。イベント。仕掛け。お祭り。儀式。パフォーマンス。そうしたものと、結婚そのものとは無縁で、二人にとって大切なのは生活なのだ。結婚イコール生活。そう考えるべきだろう。日常生活に、そんなにドラマがあるわけではない。むしろいろいろドラマがあるようでは、二人の生活が平穏無事でないことになる。あなたは、彼との生活を始めるのです。この当り前の事実をきちんと考えないと、おかしなことになる。平凡な生活にあこがれるというのも、よく考えてみると、わざわざそう言うほどのものではない。結婚を決意するとき二人で生活したい。これが結婚の正体。だから、結婚にふみ切る動機にも、そこに焦点を合わせたものが実は多い。あるカップルの場合。彼はデイトの度に、彼女を一時間近くもかけて送り迎えしていた。彼の住む所から彼女の住む所まで、クルマで一時間近くかかる。デイト当日。彼は家を出て一時間近くかけて、彼女の家に迎えに行く。どこかで待ち合わせすればいいのに、とポクは思うけど、これは彼の彼女に対する誠意と優しさの表現なのだろう。そして、デイトが終われば、そこから彼女の家までクルマを運転しなければならない。しかも、自分の家には、また、一時間近くかけて、戻る。

参考:

さすがの彼女も、彼に対して悪いと思った。悪いと思うよりも、疲れてしまう。毎回のデイトでこれをやられたら、女性の方も気をつかう。むしろ、彼女は彼に「そんなのしなくてもいい」と言えなかったに違いない。女性の性格にもよるから、別の女性だったら彼にはっきりそう言ったかも。そこで、彼女はどういう提案をしたか?これがまた、実にリアルなものだった。彼女は彼に「こうやって送り迎えをその度にするのは大変だから、一緒に住めばいいんじゃないかしら」と言った。二人はこうして、結婚したわけだ。一緒に生活した方が便利だから。これは結婚の理由としては、かなり説得力がある。経済的な点からしても、一緒に生活した方が便利だ。デイトの費用だって馬鹿にならない。このカップルのように、時間のロスもある。それに男にとっては、セックスの問題もあるだろう。身近にいれば、すぐにセックスが出来る。夢のない話だけど、事実なんだから仕方ない。すべて、生活という点に集約される。結婚は、だから生活なのだ。生活に対しての二人の考えが一致すれば、結婚することになる。そうでない場合、結婚は難しい。生活は生活で、様々なマナーが必要とされる。習慣的なものから礼儀まで。あらゆるマナーをお勉強するには、とてもいいチャンスだ。恋愛中では学べないことも、生活すれば学べる。だからポクは、結婚を男女の結びつきと捉えるよりも、二人の生活と考えるべきだと思つ。生活は、理想や夢やロマンとは違う。生活のディテールは、楽しいものばかりではない。それに、生活はくり返しだから、時々飽きてしまう。恋愛は、必ずしもそうではない。工夫次第でいろいろ変化をつけるのが可能。生活はそうはいかない。独身生活と結婚生活では、同じ生活をしていても、全然違う。結婚したくない女のヒトは、この辺を直感で見抜いているに違いない。男は、生活の便利さばかりに目を向げるものだから、やたら結婚したがる。もともと男性には生活実感が稀薄なところがあるから、生活と言えばその便利さばかりを思い浮かべてしまうのだろう。成行き結婚は必ず後悔する結婚すべきでなかったのに結婚したカップル。こういうのは、相手に対して失礼としか言えない。ボクがあるヒトから聞いたエピソード。ある男性は、結婚式当日も、式の直前まで別の女性と一緒にいて、彼女に「いやだあ」とだだをこねていた。これは、現実の話。OKどうして、彼が結婚をしたのか、ポクには不思議でならない。

参考:

彼の優柔不断のせいと言ってしまえばそれまでだけど、こうした結婚がいい結果を生むわけがない。案の定、二人はすぐに離婚して、彼は式当日も一緒にいた女性とつき合っている。当然、この反対のケスも考えられる。本当はその相手と結婚したくないのに、周りのことなどを考えたりして、結婚した女性。もしそういうヒトがいたとしたら、彼女の結婚生活は悲惨なものとなります。本当は結婚したくなかった、と思いながら毎日生活する事。夫だってたまったものではない。自分の考えをはっきり表明出来ない女性(あるいは男性)。これは、困ったものです。自分に対しても自分以外のヒトに対しても、責任を取れないヒト。こういうヒトが結婚したら、大変な結果になります。暖昧な気持ちでの結婚は、絶対にやめましょう。ポクが前にあげた二つの実例、成り行きで結婚した二組のカップルは、相手が好きだったから問題がなかったのです。しかし、すぐに離婚したカップルの場合は、男性がその女性を本当に好きだったわけではないのです。恋愛なら、大して好きでなくても、一応そのふりは出来ます。だけど結婚はそうは行きません。生活ですから、相手のすることにいちいち腹が立ったりします。生活は前にも言ったとおりディテールの積み重ねだから、その一つ一つのディテールを不満に感じたら、成り立ちません。いくら熱烈大恋愛の末の結婚ではなくても、相手のことを認めないままの結婚は、必ず失敗します。結婚を決めようとする時は、それまでの恋愛期間とは別に、相手をよく観察しなければなりません。ポクが実例として出したカップルも、一応恋愛期間があったというのだから、ポクはますます分からなくなりました。恋愛と結婚は別。この言葉の本来の意味は、恋愛の相手と結婚の相手を別に考える、というものだと普通には解釈されています。ポクはそうではなくて、恋愛中と結婚を決める時とでは、相手に対する見方も違って来る、と勝手に解釈しています。同じ男性であっても、こちらが見るポイントを変えるとちょうどいい。実際にはそんな風に簡単ではないので、いちいちゃつている女性はいません。でも、結婚を決める時には、新しいチェック・ポイント項目に従って彼をチェックしましょう。経済力。生活能力。女性関係。健康。家族に対する考え方。仕事への取り組み方。などについてのチェックをしましょう。恋愛時代とは違った面での問題が、結婚生活には出て来るのでそこをきびしくチェックするのです。
参考:出会いアプリ