結婚がすべてだと思うようなヒトには嘘みたいな話だけど、こうし

結婚がすべてだと思うようなヒトには嘘みたいな話だけど、こうした生き方だって考えられます。それについてポクのような第三者が、あのヒトの人生は寂しいなどと批評するのはくだらないことです。本人がそれをいいと思ってやっているのならば、それでいいのです。ヒトの生き方に、見本というのはありません。誰かの生き方をお手本にするのは全然構わないけど、そのヒトの人生とあなたのそれとは、決して同じにはなりません。似ていることはあっても、同じではない。不倫に対する態度も、一人一人違います。女性の方から別れを切り出すケスが多いと言っても、心の中はヒトそれぞれ微妙に違います。別れる時に相手に対してどんな感情を抱こうとも、マナーを心得ておくのだけは忘れずに。結婚そのものが変わって来てるような感じがします。結婚式や按露宴や新婚旅行そのものは、大して変わってはいません。新婚旅行の行き先が圏内から海外に変わりはしたけど、ポクが宮いたいのはそういうことではありま第6章一結婚マナーせん。結婚する男と女の心の中にわずかずつだけど変化が生じて来たように思えるのです。結婚に対するイメージから具体的な結婚生活そのものまで、変化が起きている。それを踏まえた上で、結婚について考えてみました。結婚が幸福の代名詞だった時代は終わった結婚したい男。結婚したくない女。こうしたカップルが、以前に比べたらふえている。昔は、この反対だったような気がする。結婚したくない男。結婚したい女。そして、結婚したい女性に強引に押し切られて、男が結婚するのを決めたのだった。今は、それが逆になっている。もちろん、例外はある。ものすごく若い時に結婚するカップルだっている。十代同士の結婚もある。そして、このてのカップルは、子供を早く産む。子供が大きくなっても、両親はまだまだ若い。ある意味では理想的な夫婦だ。だけど、夫と妻が充分に満足している内はいい。そうでなくなった時、二人はどうなるのだろうか?自分の生き方に疑問を感じた時。彼、あるいは彼女は、どうするつもりだろう。場合によっては、結婚というケスも。母親が若いことは、特に男の子にとっては自慢の種になる。でも、それは一種のファッションに近い。別に、ヒトはその為に結婚するのではない。こうなると、早過ぎる結婚にも、問題がないとは言えない。に必ずある、新婚カップルが出て来る番組。あそこに出て来るカップルは、ポクの偏見かもしれないが、ほとんどが女性の方が若くして結婚したケスだ。
参考:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です