彼の優柔不断のせいと言ってしまえばそれまでだけど、こうした結

彼の優柔不断のせいと言ってしまえばそれまでだけど、こうした結婚がいい結果を生むわけがない。案の定、二人はすぐに離婚して、彼は式当日も一緒にいた女性とつき合っている。当然、この反対のケスも考えられる。本当はその相手と結婚したくないのに、周りのことなどを考えたりして、結婚した女性。もしそういうヒトがいたとしたら、彼女の結婚生活は悲惨なものとなります。本当は結婚したくなかった、と思いながら毎日生活する事。夫だってたまったものではない。自分の考えをはっきり表明出来ない女性(あるいは男性)。これは、困ったものです。自分に対しても自分以外のヒトに対しても、責任を取れないヒト。こういうヒトが結婚したら、大変な結果になります。暖昧な気持ちでの結婚は、絶対にやめましょう。ポクが前にあげた二つの実例、成り行きで結婚した二組のカップルは、相手が好きだったから問題がなかったのです。しかし、すぐに離婚したカップルの場合は、男性がその女性を本当に好きだったわけではないのです。恋愛なら、大して好きでなくても、一応そのふりは出来ます。だけど結婚はそうは行きません。生活ですから、相手のすることにいちいち腹が立ったりします。生活は前にも言ったとおりディテールの積み重ねだから、その一つ一つのディテールを不満に感じたら、成り立ちません。いくら熱烈大恋愛の末の結婚ではなくても、相手のことを認めないままの結婚は、必ず失敗します。結婚を決めようとする時は、それまでの恋愛期間とは別に、相手をよく観察しなければなりません。ポクが実例として出したカップルも、一応恋愛期間があったというのだから、ポクはますます分からなくなりました。恋愛と結婚は別。この言葉の本来の意味は、恋愛の相手と結婚の相手を別に考える、というものだと普通には解釈されています。ポクはそうではなくて、恋愛中と結婚を決める時とでは、相手に対する見方も違って来る、と勝手に解釈しています。同じ男性であっても、こちらが見るポイントを変えるとちょうどいい。実際にはそんな風に簡単ではないので、いちいちゃつている女性はいません。でも、結婚を決める時には、新しいチェック・ポイント項目に従って彼をチェックしましょう。経済力。生活能力。女性関係。健康。家族に対する考え方。仕事への取り組み方。などについてのチェックをしましょう。恋愛時代とは違った面での問題が、結婚生活には出て来るのでそこをきびしくチェックするのです。
参考:出会いアプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です