二十歳を少し過ぎたくらいでの結婚。これを当り前に受け取るかど

二十歳を少し過ぎたくらいでの結婚。これを当り前に受け取るかどうかで、結婚に対する考えは大きく違って来る。ポクは、それが当り前だとは思わない。もちろん惑いなんて言うつもりもないけど。最近は、最終的には結婚するのだけど、それをあせったりはしない女性もふえているような気がする。適齢期という言葉に対する意識の違い。もっとはっきり言えば、はたしてそういうものがあるのかどうか、だ。世間体。一般的な考え方。常識。習慣。そういったものが適齢期を決めるのだろう。ということは、自分で決めるのではなく、周囲が決めるのだ。これは、やっぱりおかしい。うんと早い内に結婚するのは一向に構わないし、それこそ彼女自身が決めたことだ。適齢期以前の結婚。これも一つの方法ではある。たとえ後になって、何か問題が起こるにせよ、彼女が自分で決めたのだから、責任は自分で取らなければならない。では、社会習慣上の適齢期はどうかと言うと、あまり主体性が感じられない。皆がそうだから。なるべくヒトと同じでいたいから。いつまでも一人でいるのは、みっともないから。いろいろな理由があるけど、結局は、ヒトの目を気にしている。自分がどうかよりも、ヒトがどうかを考え過ぎている。結婚は自分で決めるもの。ヒトが決めるのではない。だから、結婚したくない女性が目立つようになった。いい傾向だと思う。結婚したい男ではなく、結婚したくない男がふえれば、もっといいのだが。結婚イコール生活、この冷酷な事実結婚は自分で決めるものだ、と書いたけど、実際にはどうなんだろう?結婚に踏み切る時。たしかに自分で決めるには違いないけど、現実は意外にドラマチックではない。熱烈な恋愛の末にゴlル・インしたガップルがいないわけではない。でも、そうしたカップルは全体から見たら少数派だ。結婚を決意する時の女のヒトの心理は、結構クールだったりする。ポクの知っているカップルの場合。まさしく、結婚したがっている男と、それほどでもない女のカップル。彼は、彼女と会っていると、必ず「結婚しよう」という一言葉を言った。暇さえあれば、彼はその言葉を彼女に向かって発していたのだ。大してその気のない彼女も、何回もそれを聞かされている内に「じゃあ、いいか」と思うようになった。こういうのを、熱烈な大恋愛とは呼ばない。熱烈なのは、彼の方だけ。彼女は一貫してクールだった。ポクの知る限りでは、彼女は男っぽい性格だ。
参考:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です